• 栄養満点 糀ともち米で作る美味しい甘酒~甘糀

    糀ともち米で作る美味しい甘酒

    古くから日本では「甘酒」が飲まれていたようです。

    糀・麹を使った発酵という食文化が生み出した、奇跡の飲み物(食べ物)と言っても、言い過ぎではないように思います。

    web上で色々と調べてみると、俳句では夏の季語として扱われ「甘酒」は暑気払いとして夏に飲まれていたようです。甘酒には豊富なビタミン類、アミノ酸、たっぷりのブドウ糖が含まれており、病院で用いられる点滴の内容とも似るといわれています。

    すごいよね~。昔の人々は経験的にそれを知っていて、食欲の無い暑い夏に、栄養補給として摂っていたんですね。今では冬に温まるための飲み物としての印象が強い甘酒ですが、甘酒の本来の姿を知れば知るほど夏の体力が落ちる時期にも積極的に摂りたい飲み物です。

    糀ともち米・・・美味しい甘酒の作り方

    用意するものは、糀(250g)、もち米(2合:約300g)、水(適宜)と温度計、炊飯器

    1.もち米を洗って炊飯器に入れて、炊飯器の2.5合の目盛り(普通にご飯を炊く目盛り)まで水を入れて、蓋を閉じてスイッチを入れて、もち米を炊く。

    2.もち米が炊き上がったらしゃもじでかき混ぜながら温度を70℃ぐらいまで下げる。この時、お釜を炊飯器から外して混ぜると、早く温度が下がります。
    もち米を炊く

    3.温度が70℃ぐらいになったら、ばらばらにほぐした糀を入れて、もち米と良く混ぜる。もち米と糀を混ぜながら温度を約60℃まで下げる。
    もち米と糀を混ぜる もち米と糀を混ぜる

    4.温度が60℃まで下がったら、お釜を炊飯器に戻して、上に濡れ布巾を被せて、菜箸などを上に置いてすき間が開く状態で蓋を被せる。炊飯器の保温のスイッチを入れる。50℃~60℃の温度を保つようにする。

    5.その状態で1時間経ったら温度を確認すると共に、全体をかき混ぜる。温度が高いような、蓋の開け加減を調節して、よく混ぜて温度を下げるようにする。その後、2時間置きぐらいに、同様に温度を確認して、50℃~60℃の温度を保つようにする。

    6.時々かき混ぜながら6時間ほど経ったら味見をする。この時、とろみと甘味が出てきて、甘酒らしくなってくる。
    甘酒途中

    7.更に時々温度を確認しながら4時間ほど(計10時間程度)置けば甘酒の出来上がり。
    甘酒

    8.粗熱が取れたらきれいな容器に移して冷蔵庫で保管する。たくさん作った場合は冷凍すれば長期保存も可能です。

    出来上がった甘酒はお粥のような感じで、エッ!砂糖が入っているの?と勘違いするくらい甘くなっています。飲むときには、器にとって同量の水で割って飲んで下さい。塩をひとつまみ加えると味が引き締まり更に甘さが際立ちます。冬なら温めて、夏なら冷やしてどうぞ。

    この甘さを利用して砂糖の代わりとして料理にも利用できますね。

    【1000円ポッキリ!】問屋が選んだこだわりの甘酒お試しセット【メール便限定送料込】あま酒

    【1000円ポッキリ!】問屋が選んだこだわりの甘酒お試しセット【メール便限定送料込】あま酒
    1,000 円 (税込) 送料込
    評価 4.41
    こちらの商品は、メール便でのお届けとなります。 【メール便のご注意点】     ・ポストに商品が届きます     ・代引きはできません。     ・日時指定はできません。     ・他商品との同梱の場合は宅配便送料がかかります。 以上をあらかじめご了承頂き、ご..
    楽天ウェブサービスセンター CS Shop

Information

引っ越しました。
新しいURLはこちらです。

http://k-daidokoro.com/

Sponsored Link

Blog


twitter

Sponsored Link