• お取り寄せ 2010年2月7

    水牛のモッツァレラ / カゼイフィーチョ チーロエスポージト

    【こんなチーズ】

    このモッツァレラを噛んだ時の食感をどのように表現したらよいのだろう。モチモチでもないし、プルプルでもないし、ムチムチともちょっと違うし・・・コシのあるうどんを食べた時のような押し返すような弾力。でも決して硬いわけではなく、スッと噛み切れる心地良い歯触りなんです。

    今では普通に様々なチーズが食卓に並ぶようになり、モッツァレラも店頭でよく目にするチーズのひとつとなっています。

    でも、「モッツァレラ」といったら、本来は水牛の乳を使って作られるものだそうです。私もこのチーズに出会うまでは知りませんでした。水牛は牛よりも飼育が難しく、乳の量も少ないため希少なものです。ちなみに牛の乳で作られたものは「フィオル・ディ・ラッテ」と言われるとか(Wikipediaより)

    モッツァレラは鮮度が命!出来立てが一番だそうです。産地(イタリア)の人は作ったその日のモッツァレラしか食べないとか。しかし、それは産地の方だけの特典。なかなか出来たてを食べるのは難しい。

    そこで出来る限りフレッシュなモッツァレラを提供してくれるのが、宮崎県にあるカゼイフィーチョ チーロエスポージト(Caseificio Ciro esposito)です。出来たてをその日のうちに発送してくれて、翌日午前中には手元に届きます。

    モッツァレラはたっぷりの保存液(成分は水と乳清と塩。乳酸菌が生きています。)に浸かり、200gずつ個別に梱包され、それが発泡スチロールの箱に入って常温(「水牛のモッツァレラは冷蔵庫に入れてはいけません!」の大きな注意書きもありました。)で届けられます。袋から出したモッツァレラはこんな感じです。
    水牛のモッツァレラ / カゼイフィーチョ チーロエスポージト

    そんなモッツァレラをまずはそのまま味わってみると・・・クセが無く、これがチーズなの?乳臭さも全く無く、とにかく美味い!ほのかな塩味の中に甘さがあり、コクのある食べ物です。だからと言って「オレはモッツァレラだぞ!」と主張するわけでもなく、嫌味のない美味しさです。

    このモッツァレラを味わう一番の食べ方は、トマトと一緒にカプレーゼにして食べるのがいいと思います。好みで塩とオリーブオイルをかけて、まずはモッツァレラ本来の味を味わって欲しいと思います。それからピザにしたり色々な食べ方で楽しみましょう。写真はカプレーゼとマルゲリータです。熱が入り、トロトロになったモッツァレラもこれまた美味い。温かい方がより甘味を感じるような気がします。
    カプレーゼとマルゲリータ

    モッツァレラを食べてこれだけ感動したことは今までありません。もし、機会があれば是非とも味わっていただきたいひと品です。今までは一部のレストランなどにしか卸していませんでしたが、ぼちぼちとネット販売も開始しました。希少品で生産量に限りがあります。商品が無い時もありますので、都度確認して下さい。

    モッツァレラを食べた後、どうしても気になったのがモッツァレラの浸かっていた保存液。これを捨てるのはなんだかもったいない・・・そこで製造元へメールで問い合わせしてみました。すぐに返信があり、イタリアでは全く使わない(捨ててしまう)ようです。鍋に入れてみたところ美味しかったと言われた方もいたとか。しかしこの保存液はほとんど利用はしないという回答でした。でもそうは言われても、どうにも気になってしょうがない私です。口に含めばほのかな塩味に香りもいい。そこで考えました・・・パンの仕込みに使ってやろうと!(写真のピザの生地にもこの保存液を使っています)
    モッツァレラはもちろんですが、その保存液も全て美味しくいただいたのでした(^^)v

    結果は思っていた以上に大成功です。詳細はこちら →

    【あす楽】【送料無料】【総重量1.4kg以上】【大容量】チーズ専門店よりお届け。6種類のチーズを盛り込んだチーズ詰め合わせお試しチー..

    【あす楽】【送料無料】【総重量1.4kg以上】【大容量】チーズ専門店よりお届け。6種類のチーズを盛り込んだチーズ詰め合わせお試しチー..
    3,500 円 (税込) 送料込
    評価 4.75
    こちらの商品は、ラッピング対応しておりません。ご注意くださいませ。 商品説明商品名初心者セット(3500円) 名称クローデルカマンベール 125g 原材料名生乳、食塩賞味期限お届け後40日前後保存方法10℃以下(要冷蔵) 原産国名フランス 輸入者名 伊藤忠商事株式会社東京都港..
    楽天ウェブサービスセンター CS Shop
    タグ: お取り寄せ

    Posted by 館長 @ 2:51 PM


  • Comments are closed.

Information

引っ越しました。
新しいURLはこちらです。

http://k-daidokoro.com/

Sponsored Link

Blog


twitter

Sponsored Link