• 魚介料理(和) 2008年10月3

    なめろう丼

    【材料】(2人分)

    1. アジ 1尾(大きめのも)
    2. 味噌 大さじ1
    3. しょうが 1カケ
    4. 長ネギ 1/4本
    5. 大葉 適宜
    6. 焼き海苔 適宜
    7. かいわれ大根(好みで) 適宜

    【作り方】

    1. アジは三枚におろして皮を剥いでから細かく刻む。
    2. 長ネギ、しょうがはみじん切りにする。
    3. [なめろうを作る]アジ、長ネギ、しょうが、味噌を包丁で粘りが出るまで細かくたたく。
    4. 丼にご飯を盛り、そこへ刻んだ大葉と焼き海苔、かいわれ大根を散らす。
    5. なめろうを乗せて出来上がり。

    [なめろう丼 その2]

    なめろう丼
    大葉を乗せて刻み海苔と白ごまを散らして。
    一膳目はそのまま食べて、そして2膳目は下の写真のようにお茶漬『鯵茶漬け』に。

    なめろう丼 お茶漬け
    お茶ではなく、熱々の昆布ダシをかけてみました。生の鯵に熱が入るとまた違った味わいに。なめろうに入っている味噌がいい塩梅に溶け出して、鯵の旨味に味噌と昆布の旨味が加わって堪らんぞ!これオイシイ~!

    【メモ】

    • 魚屋さんで美味しそうなアジを見つけたのでアジの刺身!と思って、ルンルンしながら料理をしていたら・・・アッ!おろす時に失敗。見た目がよくなかったので、たたいて“なめろう”にしてごまかしました(^^;
    • 美味しいよ~。いくらでも食べられそう。大盛りのご飯をペロリと食べてしまいました。
    • 『なめろう』とは、房総地方の漁師料理で、アジに味噌、長ネギやしょうがなどの薬味を加え、みじん切りして、粘りが出るまで包丁でたたいたものです。これは揺れる船の上でも手早く調理ができて、サッと食べられるようにと考え出された漁師料理だといわれています。また、その名前の由来は、皿までなめてしまうほど美味しいといわれることから『なめろう』と名がついたようです。
    • 「なめろう」には、アジやイワシ、サンマ、トビウオなど青魚がよく使われます。薬味で青魚の生臭さが消えて、美味しく食べられます。この「なめろう」をホタテやアワビの貝殻に乗せて焼いた物を『さんが焼き』と言い、これもご飯のおかず、酒の肴には最高です。

    Posted by 館長 @ 4:33 PM


  • Comments are closed.

Information

引っ越しました。
新しいURLはこちらです。

http://k-daidokoro.com/

Sponsored Link

Blog


twitter

Sponsored Link