• 肉料理(和) 2008年10月1

    ラフテー

    【材料】(4人分)

    1. 豚ばら肉(皮付き) 700g
    2. 泡盛 2カップ
    3. しょう油 1/4カップ
    4. 黒糖 1/4カップ
    5. 鰹節 1/2カップ
    6. しょうが 1カケ
    7. 長ネギ(青いところ) 適宜

    【作り方】

    1. 前処理として、皮付きの豚肉は表面に毛が残っていることがあるので、残っていた場合はコンロの火で表面をサッと焼けば簡単に落とせます。
    2. たっぷりのお湯を沸かして、そこへ豚肉を入れて、10分ほど茹でて取り出し、アクや汚れをきれいに洗い流します。鍋のお湯も捨てて下さい。
    3. 再び鍋に豚肉としょうがのスライス、長ネギの青い部分と、豚肉が隠れる程度の水を入れて火にかけ、沸騰したら弱火にして1時間ほどコトコトと煮る。
    4. 1時間経ったら、肉を取り出し、しょう油(分量外)と泡盛(分量外)を全体に回るようにかけて30分ほど置く。この時、豚肉をキッチンペーパーなどで包んでおくと全体に均一にしょう油や泡盛が回る。
    5. 豚肉を茹でたお湯はキッチンペーパーなどを使って濾して、アクや余分な脂を取り除く。
    6. フライパンを火にかけ熱くなったら豚肉を皮の方から焼き色が付くまで、全体の面を焼く。この時油を引かなくてもよい。焼いているうちに豚肉から脂がたくさん出てきます。
    7. 豚肉に焼き色が付いたら、適当な大きさに切り、鍋に並べる。
    8. そこへ、豚の茹で汁2カップと泡盛、しょう油、黒糖をを入れて火にかけ、沸騰したら極弱火にし、落し蓋をして1時間煮込む。途中、煮汁が少なくなってきたら、豚の茹で汁を加えるとよい。
    9. 1時間経ったら落し蓋を取って、鰹節を入れて再び30分ほど弱火で煮れば完成。

    【メモ】

    • いつもと違った豚の角煮が食べたくて、沖縄の豚の角煮「ラフテー」を作ってみましたが、果たして普通の角煮とどこが違うのか?よくわかりません。たっぷりの泡盛に鰹節を使うところが違うといえば違うのだが、今回は沖縄の黒糖も使ってみましたが・・・?どうなのかな?
    • また、沖縄でラフテーを食べると大抵は皮付きの豚肉を使っているような感じがします。この皮の部分のプルプルとしたゼラチン質がたまらなく美味いのですが、内地の方に来るとなかなか皮付きの豚肉が売っていません。今回もこれを作るにあたり、お肉屋さんに皮付きの豚肉を注文しました。
    • さてさて、出来はどうでしょうか?
      トロトロによく煮えて、皮はプルプルの食感。これ美味しいです!黒糖の効果でしょうか味にもコクがあり、泡盛のいい風味をほのかに感じます。最後に加えた鰹節も効いています。これが無かったら、何か抜けた感じの角煮になっていたと思います。上々の出来ではないでしょか。これをご飯に乗せてその上に汁をかけて、ガーッと食べたら堪りませんヨ~。
    • [角煮の作り方][東坡肉 (トンポーロー)の作り方]

    八重山おばぁのぬちぐすい うつくしく生きるちからと、いのちのくすり

    八重山おばぁのぬちぐすい うつくしく生きるちからと、いのちのくすり
    ¥ 1,458
    ASIN: 486651048X
    文響社

    CS Shop

    Posted by 館長 @ 10:37 PM


  • Comments are closed.

Information

引っ越しました。
新しいURLはこちらです。

http://k-daidokoro.com/

Sponsored Link

Blog


twitter

Sponsored Link