• パンレシピ 2008年11月22

    フィセル(ヨーグルト酵母)

    【材料】

    1. 強力粉 250g
    2. 全粒粉 50g
    3. ヨーグルト種 25g
    4. 水 185cc
    5. 塩 小さじ1

    (ヨーグルト種の作り方は[今日の酵母くん]に掲載しています。)

    【作り方】

    1. 大きめのボウルに、強力粉、全粒粉、ヨーグルト種、水を分量の半分ずつ様子を見ながら加えて混ぜ、塩を加えて捏ねる。
    2. 生地が滑らかになるまで捏ねる。最初はべた付いて扱いにくいですが次第にきれいにまとまってきますので、一生懸命に捏ねましょう(^^;
    3. 生地が捏ね上がったら2~3倍に膨れるまで一次発酵させる。(25℃前後で5,6時間)
    4. 一次発酵が終了したら、生地を取り出して上から軽く押さえてガス抜きをしてから4等分に分けて、それぞれを丸め直し、固く絞った濡れフキンをかけて、20~30分生地を休める。
    5. ベンチタイム終了後、生地を軽く押さえて延ばしてから、天板いっぱいの長さ(25cmぐらい)まで細長く成形する。
    6. オーブンシートを敷いた天板に乗せ、固く絞った濡れフキンをかけて、1時間~1時間30分、生地が1.5倍程度まで膨れるまで二次発酵させる。
    7. 表面に強力粉をふり、クープを入れる。
    8. 空いている部分に霧吹きで水を吹いてから210℃のオーブンで20分焼く。
    9. 焼き上がったら直ぐに型から外して、金網や籠の上に乗せて冷ます。

    【メモ】

    • 外はカリッと中は軽い、そんなハードブレッドが食べたくて、今日はフィセルに挑戦。フィセルとはひも状のという意味の、細長い小型のフランスパンをいいます。本来なら重量、長さ、クープの数などきっちりとした規格があるのですが、そこまではこだわってはいません。○○風ということにでもしておきましょうか(^^;
    • いい感じに膨らんで焼けたかなと思ったのですが、クープを入れる際に深く入れ過ぎてしまいました。クープの開き方がいまひとつ。それと焼きも少々甘かったかな。でも、中は大きな気泡もいい感じに出来て、軽い仕上がりになっています。
      フィセル(ヨーグルト酵母)
      これに、ハムやフレッシュなチーズや野菜をはさんで、丸ごとガブリとやりたい感じのパンです。
      フィセルでサンドイッチ
    • もう一度、挑戦しよう。

    Posted by 館長 @ 3:39 PM


  • Comments are closed.

Information

引っ越しました。
新しいURLはこちらです。

http://k-daidokoro.com/

Sponsored Link

Blog


twitter

Sponsored Link